美男ですね

ドラマ「美男ですね」は韓国SBSにて2009年に放送されたドラマです。人気俳優チャン・グンソクが出演したこともあり、日本でも話題となったドラマで、2011年には日本でリメイク版ドラマが制作されたほか、舞台化もされて大人気を得るに至りました。日本以外でもベトナム、シンガポール、香港、タイ、台湾、中国などで放送され、アジア諸国で注目を集めたドラマとなりました。

あらすじ

シスターになるため修道院で修行するコ・ミニョは、遅刻の常習犯でいつもドジばかり。そんなミニョですが、念願叶ってローマで修行が出来ることに。ローマへの航空券を取りに行こうとバイクを走らせるミニョ。そんな彼女を怪しい男が追いかけてきます。彼女はその男を見事返り討ちにしてしまいます。しかしその男は、ミニョの双子の兄・ミナムのマネージャーだったのです。マネージャーは1日だけ、ミナムになってくれないかとミニョに懇願してきます。曰く、ミナムは歌手になる夢を叶え、アジアでNO.1の人気を誇るバンド「A.N.JELL」に新メンバーとして加入することが決まっているとのこと。しかし諸事情で今日中に契約書を交わさなければならず、ミナムがどうしても外せない用事があるためサインだけしてくれればいいというのです。兄のピンチを救うため、1日だけならばとミナムになることを了承したミニョ。マネージャーに連れられて事務所へ到着するとさっそく男装させられます。社長の前で契約書にサインをし、無事に役目を終えたかと思ったとき、事務所に一人の男が乱入してきました。彼は「A.N.JELL」のリーダー、テギョン。その天使のようなルックスにミニョは思わず見とれてしまいます。そんなミニョをテギョンは無理やり連れ出し、スタジオに閉じ込めるのでした。「天使の歌声とやらを聞かせてみろ」テギョンはミニョにそう言い放ちます。自分が認めたメンバーでなければグループに入れないというのです。仕方なくミニョは賛美歌を歌い始めます。その声は正に天使の歌声。テギョンは何も言わずにスタジオを後にします。やっと自分の役目を終え、帰ろうとするミニョに「1ヶ月だけミナムのフリを続けてくれ!」とマネージャが泣きつきます。なんとミナムは整形手術に失敗し、アメリカで再手術を受けている最中なのだとか。1ヶ月間も兄のフリをして過ごすなんて不可能だと断るミニョに、マネージャーはミナムが歌手になった本当の理由を話します。それは生き別れた母を探すためという理由でした。それを聞いたミニョは、自ら髪を切り兄の代わりをする決意を固めます。こうして「A.N.JELL」に加入したミニョですが、待ち受けていたのは他のメンバー3人との共同生活でした。

登場人物

ファン・テギョン・・・チャン・グンソク
A.N.JELLのリーダーで、ギター・ボーカル担当。完璧な容姿と天才的な音楽センスの持ち主で、メンバーの中で最も人気が高い人物です。かなり傲慢で潔癖症かつ神経質という性格。そのためストレス性胃炎、夜盲症、不眠症などの病気を抱えています。父親は世界的な指揮者ですが、母親のことは公表しておらず詳細は分かっていません。ミニョの加入後、予想外のトラブルにうんざりしますが、次第に恋愛感情が芽生えていることに気づき始めます。
コ・ミニョ/ミナム・・・パク・シネ(二役)
本作のヒロインであるミニョ。修道院にある孤児院で、双子の兄・ミナムと共に育ちました。元は見習いシスターでしたが、イケメンバンドA.N.JELLのメンバーに選ばれたミナムが目の整形手術に失敗したため、一ヶ月間兄に成り代わってメンバー入りすることになります。担当はキーボードとボーカルです。世間知らずでドジですが、純粋な心の持ち主で様々なことを経験して成長していきます。
カン・シヌ・・・チョン・ヨンファ
A.N.JELLのギター担当。美形で穏やかな印象ですが、実はクールで表情をあまり出しません。テギョンとは仲が悪いです。ミニョが女であることに最初に気付きますが、黙って様子を見ることに。しかし、次第に彼女に惹かれていき、告白しようとしますがなかなか気付いてもらえません。さらにミニョとでギョンの関係に複雑な思いを抱きます。
ジェルミ・・・イ・ホンギ
A.N.JELLのドラム担当。可愛らしい笑顔が売りで、バンドの中でも弟分的な存在です。父親はイギリス貴族出身の国際的な写真作家で、母親は有名モデルです。素直で楽天的な性格で、サービス精神もメンバーの中で最も旺盛です。テギョンのことを尊敬しています。ミニョがメンバーになってからは、彼女を気にかけるテギョンとシヌを見て、何かとミニョを探ったりいじめたりしてしまいますが、次第に彼女に惹かれる自分に動揺してしまいます。
ユ・ヘイ・・・ユイ
韓国で人気の女優です。テギョンに想いを寄せていて、ミニョに嫉妬して様々ないやがらせを仕掛けてきます。
マ・フニ・・・キム・イングォン
A.N.JELLのマネージャーです。ミニョを半ば無理やりミナムに仕立て上げた張本人です。
モ・ファラン・・・キム・ソンリョン
歌手にして女優、往年のスターであった人物です。テギョンとはなんらかの関係がある様子。
ワン・コーディ・・・チェ・スウン
マネージャーの友人で、スタイリストです。
アン社長・・・チョン・チャン
A.N.企画の社長で、かつては自身もアイドルとして活動していたという経歴の持ち主です。
シスター院長・・・ソン・ビョンソク
ミニョとミナムが暮らしていた修道院の院長です。

サブタイトル

  • 第1話・・・双子の兄妹~ここは天国ですか?~
  • 第2話・・・新メンバー コ・ミナム
  • 第3話・・・心の鍵
  • 第4話・・・母親を捜して
  • 第5話・・・ドキドキする瞬間
  • 第6話・・・私の声をあなたに
  • 第7話・・・特別な私の星
  • 第8話・・・抑えきれない思い
  • 第9話・・・一番は誰?
  • 第10話・・・あなたを守るため
  • 第11話・・・恋は罪
  • 第12話・・・無意味な存在でも
  • 第13話・・・隠していた気持ち
  • 第14話・・・届かない言葉
  • 第15話・・・何事もなかったように
  • 第16話・・・そばで輝く星

感想

また女の子が男のフリをするラブコメか~とこのジャンルに少々食傷気味だった私ですが、見始めたらやはり嵌まってしまいました。前半はしっかり笑わせてくれて、後半は恋愛重視の作りになっている点が良かったですね。特にミニョ役のパク・シネがとても可愛いです。世間知らずなドジっ子ということで、日本人にも受け入れやすいキャラ設定だったのではないでしょうか。また、「コーヒープリンス1号店」のウンチャンと違って、ミニョはとっても女の子らしいので恋愛パートにも共感しやすかったです。同じバンドメンバーとしての共演者達もカッコいい子揃いで、嬉しい限りでした。特にテギョン役のチャン・グンソクがいいですね。爽やかで可愛らしい笑顔の裏に、神経質で潔癖症な性格を隠しているという難しい役でしたが、とても上手に演じていました。他の二人のメンバーもそれぞれに個性があっていい配役だったと思います。ベタベタなラブストーリーを主軸に、ミニョの母親についてやテギョンの過去の話などのサブストーリーもしっかり作りこまれていて非常に見ごたえがあります。ミニョの天然な性格に癒され、テギョンのカッコいいセリフにキュンとして、最後はほっこりするという素敵なドラマです。ぜひ一度ご覧になってください。